ミック・ファニングがプライベートで乗るためにオーダーしたモデル「HYPER FISH」と「RAGE CAGE」。

今まで、ミック・ファニングには「MFT+」や「RAINBOW TWIN」にも乗っていただいていますが、今回の「HYPER FISH」と「RAGE CAGE」は、パフォーマンスボードが好きな方には最適なモデルとなっています。

ルークとミック・ファニング HYPER FISH と RAGE CAGE

ボトムは、フラット〜ダブルという説明を受けてましたが、見たままを言うと、シングルインダブルのような感じです、レイルは、ミディアムが標準となっていますが、RAGE CAGEの方は、HYPER FISHやその他のモデルと比べ、若干、薄めに調整されています。

この2モデルに共通して言えるのは、「テイクオフが速い」そして「コントロールがしやすい」です。
サーフィンをしていて、一番に求めてしまうのはテイクオフの速さですよね、でも、そればかりを追求するとコントロール性が悪くなってしまうので、バランスを取ることが大事になります。

HYPER FISHの開発ベースは、「レトロフィッシュデザイン」と「スラスターデザイン」をミックスしたモデルで、RAGE CAGEは、HYPER FISHをよりパフォーマンスしやすく調整されたモデルのため、非常にユーティリティ性が高く、オールラウンドで使用可能なモデルとなっています!

HYPER FUSH モデル詳細

RAGE CAGE モデル詳細

ルークとミック・ファニング HYPER FISH と RAGE CAGE

ルークとミック・ファニング HYPER FISH と RAGE CAGE

ミック・ファニング ボードサイズ:

HYPER FISH
5’6 x 19 5/8 x 2 7/16 = 28.88L

RAGE CAGE
5’7 x 19 7/16 x 2 3/8 = 28.6L

ご興味のある方で湘南エリアに来られるようなら、お問い合わせいただければ、実物のサーフボードを手にとってご覧いただけます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

Previous Postサイトリニューアルのお知らせ
Next Postテール形状について