LD Creation Surfboards Japan アンバサダーの粂 悠平プロが数あるモデルから自分が使うBESTモデルを解説してくれました。

ハイパフォーマンス:BONES

BONESモデル LD Creation Surfboards Japan

このモデルは、台風の時やコンディションが整った時、The Dayと言われるようなコンディションで使うモデルです。
腰サイズから使えますが、やはり、胸肩以上のサイズでパフォーマンスを発揮するモデルで、板全体のノーズロッカーはミディアムよりも強めの設定で、掘れた波にも安心してテイクオフが可能です。

僕は主に台風スウェルの時に使用しますが、乗り慣れるとスモールウェーブからでも使用できますよ!!
小波で使用するコツは、走りすぎずパワーセクションをしっかり利用することです。

BONES 詳細はこちら

オールラウンド:TB19

TB19モデル LD Creation Surfboards Japan

TB19は、BONESとは違い、様々なコンディションで活躍してくれるオールラウンドなモデルです。

オンショアコンディション、マッシーな力のない波でも、板全体のボリュームがライダーをサポートしてくれるため、Youtubeでも話していますが、オールラウンドに様々なコンディションで使えます。波のサイズ的にはヒザ〜モモから頭サイズまで使えるため、僕の中でイチオシのモデルです。

TB19 詳細はこちら

ツインフィン系:RAINBOW TWIN

RAINBOW TWINモデル LD Creation Surfboards Japan

RAINBOW TWINに関しては、僕が普段使いするというよりも、一般サーファー向けにオススメのモデルとして選びました。
ミッドレングスモデルではありますが、5’8〜のサイズなので、安心して色んなコンディションで使えるモデルです。

普段使っているサーフボードよりも、ほんのちょっとオーバーボリュームになる位でオーダーするとちょうど良いかと感じています。
普段使っているショートボードとは違う乗り心地を楽しめますし、サイズが上がったコンディションでも使用できる万能なクルーザーです。

RAINBOW TWIN 詳細はこちら

その他モデルについて

MFT+モデル LD Creation Surfboards Japan

変わらずLD Creation SurfBoardsでお勧めしたいモデルはMFT+です。

このモデルは、フィン設定を変えるだけで違った乗り心地を感じられるオススメのモデルで、他のサーフボードブランドにはない、トライフィンとツインスタビの両方を楽しめるサーフボードです。
僕がお勧めするタイミングは、サイズのある波でのツインスタビセッティングです。他のボードでは感じられないドライブ性とアクション性を感じられると思います。

また、初心者の方はトライフィンで使用していただければ、入門ボードとしても使用していただけます。

また、最近、ミック・ファニングがオーダーした、HYPER FISHやRAGE CAGEもかなり好評で、僕もオーダー中です。
2021年、新たな武器として大活躍すること間違いなしのNew Modelも大注目です。

MFT+ 詳細はこちら

RAGE CAGE 詳細はこちら

HYPER FISH 詳細はこちら

粂 悠平プロの解説でした。
サイズのことや、使用したいコンディションにマッチするモデルはどれか等、ご質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。
奥が深いサーフボード、自分にあったサーフボード、マジックボードに出会うために!

Previous Postテール形状について
Next Postボトム形状(コンケーブ等)について