サーフボードについて、Lukeに質問したことを備忘録的にご紹介いたします。
奥が深いサーフボード、自分にあったサーフボード、マジックボードに出会うために!

テール形状について

簡単にテール形状と言っても、たくさんのテール形状があります、一般的なスカッシュをはじめ、それらがどんな特性を持っていてサーフボードやライディングにどんな影響があるのかを確認したいと思います。

サーフボードは、それ自体の浮力とサーフボードやフィンによる水への抵抗を利用して、加速したりターンすることでライディングするスポーツです。 テール形状はライディング時、サーフボードのコントロール性能に重要なエリアとなります。

テール形状はライダーの体格で合う合わないという側面と、サーフボード自体のアウトラインに最も合うテール形状があったりと一概にこれがベストという物ではないです。
ライダーの好み、体格等をベースにお店や当サイトでご質問ください。

スカッシュ (SQUASH)

スカッシュテール

最もポピュラーなテール形状です。
サーフボードで最も多く採用されるスカッシュは、非常にコントロールしやすいテール形状でクイックな動作に敏感に反応してくれます。 全体的にみて、バランスの良いテール形状です。

ラウンドスカッシュ (ROUNDED SQUASH)

ラウンドスカッシュ

ラウンドスカッシュはその名前の通り、スカッシュの角を丸くした形状になり、スカッシュテールよりもドライブ性能が良くなります。

※ LD Creation Surfboardsでは、Lukeがこのテール形状をTHUMBと呼称しているため、オーダーシートにTHUMBと記載しています。 日本では、ラウンドスカッシュが一般的な呼び方になります。

スクエア (SQURE)

スクエア

基本的な特徴は、スカッシュテールと同等ですが、テールの角が尖っているため、ターンのキレが良くなります。
また、スクエアテールは、スカッシュテールよりも幅広に設定されることが多いので波の力を得やすく、テイクオフも早くなります。

ラウンドスクエア (ROUNDED SQURE)

ラウンドスクエア

スクエアテールの角をラウンドにすることで、スクエアテールの特徴を保ちつつ、ドライブしやすくなっているテール形状となります。

ラウンド (ROUND)

ラウンド

ラウンドテールは、全体的に丸みのある形状で、ドライブ性能が非常に良くなり、スムースなターンが可能になります。
デメリットとしては、スカッシュやスクエアテールに比べ、波の力を受ける面積が小さくなるので、テイクオフが遅く感じることもあります。

ラウンドピン (ROUNDED PIN)

ラウンド

ラウンドテールの先端を尖らせたデザインをラウンドピンテールと言います。
テールの先端を尖らせ細くシャープにしたこで、ホールド性能が向上し、直進性が良くなり、パワーのあるビッグウェーブでのテイクオフやライディングで真価を発揮します。
大きな波での Rail to Railもしやすくなりので、ビッグウェーブ用のガンモデルに採用されるテール形状です。

スワロー (SWALLOW)

ラウンド

ツバメの尾のような形状から、スワローテールと言われています。
スカッシュやスクエアテールよりも波から力を得やすいという特徴から小波やパワーのない波に向いています。
また、ターンもしやすく、クイックに細かな挙動にも敏感に反応してくれます。

フィッシュ (FISH)

ラウンド

魚の尾ビレのような形状から、フィッシュテールと言われています。
スワローテールの特徴とほぼ同じですが、スワローより波に接触するエリアが多くなるので、力のない波からでも多くのパワーを得ることが可能です。

ツインフィン等に採用されることが多く、レトロツインモデル等は、浮力があり、幅もあるため、テイクオフが非常に早いです。

ざっと解説しましたが、ライダーの体格や好み、サーフボードモデルとの相性で合う合わないという側面もあります。
奥が深いサーフボード、自分にあったサーフボード、マジックボードに出会うために!

Previous PostHYPER FISH と RAGE CAGE
Next Post粂プロが勧めるLD Creation SurfboardsのBEST3モデル